"HELP THE HENOKO AND DUGONG"
Please stop the government! Our dugong are crying !! And we are crying!!!
US government and Japanese government has a plan of the construction of the HUGE MILITURY BASE at Okinawa now. Please stop them! That plan will destroy not only the living environment of dugong, but also OUR LIVING ENVIRONMENT in Okinawa.
Will you kill us, and our dugong? Please appeal to the public and your government to stop that plan. Please help us!!!!

2009年06月14日

記事削除

 このblogでも幾つかの記事が知らずのうちに無くなっていて困ることが多々あります。これは単純に事故です。しかしそうじゃなくてプロバイダーが意図的に消すケースがあります。

 ちょっと気になったのでこちらでも記事にしてみます。

・村野瀬玲奈の秘書課広報室 kimeraさんのブログ閉鎖処分について

 「NPO法人日本パラリンピック支援機構」がどんなものなのかはわかりませんが、プロバイダーが企業、団体、政府の圧力に屈して、一個人のblogやその記事を勝手に削除したり公開禁止にするというのが横行したとすると、非常に恐ろしいことです。中国や北朝鮮を危険視するけれど、日本も同じだということになります。

 しかし、私が見る限り、どうも違うように感じます。


おgooブログ様からkimeraさんに送られた警告メールを読んでも、なぜあれが誹謗中傷なのか、説明責任が果たされていません!笑


 ちょっと外れますが、この「説明責任」という言い方が私はとっても嫌です。
 自分が分からないことがあると「説明責任がある」って書き込まれる方がいらっしゃいます。本当に責任があるなら正しいんですが、そうでなくて「自分に理解できないことがあるのは、相手がちゃんと説明しないからであって、自分の責任じゃない」という論理なんですね。その傲慢さに閉口してしまうんです。
 きっと村野瀬さんも日ごろからそういう攻撃を受けられていて、同じ表現を使うことで逆襲されたのだと思いますが、どうか同じことをするのはやめてほしかったり。

 さて、gooのmailの内容ですが、上記からリンクされているkimeraさんの記事から一部抜粋します。


gooID:ayapapa2951yama様の運営されるブログ「kimera25」に対し、
NPO法人日本パラリンピック支援機構様より弊社宛に誹謗中傷が
行われているとのお問い合わせがございました。

弊社にて確認し、以下のgooブログ利用規約に抵触する恐れがあるため該当箇所の修正をお願いいたしておりましたが、現時点でも修正が見られませんでしたのでブログの配信を一時的に停止させていただきました。

以下の記事、コメントが該当いたします。

「日本パラリンピック支援機構」という不思議な団体について
http://blog.goo.ne.jp/ayapapa2951yama/e/d87056ac43c839f4accf30c8d1892e85

以下のgooブログ利用規約に抵触いたします。

--------------
gooブログ利用規約第12条(禁止事項)
1.会員は、本サービスを利用するにあたり、以下に該当し又はその恐れがある行為を行ってはなりません。
(7) 他の会員又は第三者に対する誹謗中傷、脅迫、嫌がらせを行う場合
--------------
該当箇所を修正された場合には、再度ブログを表示いたしますので、修正後にお問い合わせくださいますようお願いいたします。 -------------------------------------------
goo事務局 E-mail:info@goo.ne.jp

よくある質問 http://help.goo.ne.jp/faq


 gooは「記事 or コメント」内容に「他の会員又は第三者に対する誹謗中傷 or 脅迫 or 嫌がらせに、該当 or その恐れ」があったと言っています。
 そのエントリーがどんな内容で、どんなコメントがつけられていたのかは私にはわかりませんが、ここから推察する限り「そのエントリーとコメント内容は一般的なネチケットや紛争回避の為の配慮が欠けており、第三者が不利益を被りかねない内容になっている」と判断されたんだと私は感じました。

 問題意識を持つことは重要ですし、問題提起してblogに記事を出すことはとても意義があると思います。しかし、正義でやっているつもりでも、ついやり過ぎて踏み外してしまうこともあります。これは、そういうケースだったのかも知れません。

 あと、blogを書く場合、自分の発言ももちろんですが、コメントされた内容にも責任を持つ必要があります。第三者に対する誹謗中傷や何らかの不利益を被らせるようなコメントがつけられた場合、それをそのまま残せば、blog管理者も同調した、つまり幇助とみなされます。自分が意図せずに加害者になってしまうこともあります。

 現実に、2ちゃんねるの誹謗中傷で、ひろゆき氏はいくつもの罪で、何億円もの賠償責任を負っています。他のプロバイダーもこういったもので訴えられて裁判になるケースが多くなってきていますから、プロバイダーとしてもナーバスな対応にならざる得ない実情も付け加えておきます。

 さて実際にそういう行為を見つけた場合ですが、記録をとり警察への通報を行った後、削除(可能な場合表示の一時停止)、という手順を採ることをお勧めしています。


posted by Jitoh at 09:35 | 沖縄 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「説明責任」という言葉についての指摘、ありがとうございました。確かに、本来の意味を離れて何でもかんでも「説明責任」という言葉が使われることは望ましくありません。

ご指摘を入れて元記事のその部分を少し修正しました。これからは「説明責任」という言葉を揶揄的に使うときにはそれとはっきりわかるようにするか、いっそのこと使わないか、気をつけたいと思います。
Posted by 村野瀬玲奈 at 2009年06月14日 12:48
村野瀬玲奈さん、こんにちは。

 なんと、修正してくださったんですね、ごめんなさい。もしこのことで気を悪くされたら本当に申し訳なかったです(__)
 でも、おっしゃられる通りなんです。この言葉で傷つけられている方が沢山いらっしゃって。それで村野瀬さんが、それに対する比喩としてこれを使われたのもよく存じ上げています。
 そうしたいお気持ちもとてもよくわかります。こういう表現を用いることによって逆説的に、この言葉を乱用して攻撃する人たちに知らしめることができるって。
 でも、攻撃に対して攻撃で応じるというのは、解決に向かうのではなくて、更なる闘争を産んでしまうと思うのです。丁度、近隣諸国の武力に対して自国も武装強化し、武力増強競争の挙句国力を衰退させるのと同じように、負の結果を産むのではないかと。

 もう一つは単純に、揶揄ではあっても、言葉を攻撃の武器として使う人たちと同じことをしてほしくなかったんです。利発な村野瀬さんらしくないなって。
 この言葉に限りませんが、幸い日本語の表現は豊かですから、別の言葉を使われたらと思います。

 今後のご活動にも期待しております。また、なにかありましたらお声掛けください。
Posted by Jitoh at 2009年06月14日 16:52
初めましてkimera25です。
オトリアゲいただきありがとうございます。
お読みの上での謙遜と思っておりますが
会計報告をしろ!
そういうのが内容です。
実際にどの部分がと言うご指摘をいただけますと今後のために参考になるのですが。
このケースが行き過ぎた行為なら
逆説的に万歳「日本パラリンピック支援機構」様とでもエントリィを作り直して
コメントやTBを禁止してみましょうか。
ご指摘の通りに。
またなにかありましたら
ご教授いただけますと幸いです。

Posted by kimera25 at 2009年06月14日 21:32
kimera25さん、はじめまして。

 コメントやTBを禁止するのも一つの方法だと思いますが、私がそれを推奨しているわけでもありません。取り上げている内容の如何ではなくて、blog管理や表現手法の話であり、それはこのエントリーの内容がすべてです。
Posted by Jitoh at 2009年06月14日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
CAPTCHA

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。