"HELP THE HENOKO AND DUGONG"
Please stop the government! Our dugong are crying !! And we are crying!!!
US government and Japanese government has a plan of the construction of the HUGE MILITURY BASE at Okinawa now. Please stop them! That plan will destroy not only the living environment of dugong, but also OUR LIVING ENVIRONMENT in Okinawa.
Will you kill us, and our dugong? Please appeal to the public and your government to stop that plan. Please help us!!!!

Save the Dugong, Stop the Airbase

2010年07月26日

BR-800

The compatibility of BR800 with Windows 7 seems to be bad.

 早速入手しました。思いのほかコンパクトで軽いです。タッチセンサーは、まぁこんなものでしょう。フェーダーとかも全部タッチにすれば掃除が楽だったのに、と思いつつこの目的は録音スタート・ストップ時の本体マイクから入る「カチッ」というスイッチ音の低減の筈ですからまぁ。

 まだ細かく触り切れていませんが、エフェクターはノイズが乗り易くて残念。当たり前ですが、やはりPOD X3 Liveには届かないです。

 さて、Sonar 8.5 LE、今まで7 studioを使ってましたが、全体にデザインが暗い(まるでExpression Blendの様に)のでなーんか使いにくい。
 しかし最大の問題は Control surface が何故か使えない事。当然7からも認識されません。同様に BR-800 Rhythm Editor もダメです。

 5月発売の予定が7月までずれ込んだ理由と関連するのか判りませんが、どうやらWindows 7のドライバーが問題ですね。
 ...って、これ間違ってました。詳しくは追記を。

 もう少し時間かけてみてみました。ドライバーのせいじゃありませんでした。OS換えても一緒。

 Control Surfaceについては、単に設定不足でした。Sonar の取説に書いてありますが、type を「Mackie control」にすることが必須です。

 Rhythm Editorは、うまく接続できることが偶にあるので、どういう時に接続できるのか確認しました。

・PCをリブートしログインし、そのままアプリケーションは触らないで、BR-800を接続
・BR-800をRhythm Editorモードに設定しEnter -> PC側にUSBストレージとして認識され、ドライブがマウントされる。
・Rhythm Editorを起動

 失敗したら、PCを落としてから再び同じことを試す、これで大体接続できました。

 一つがっかりしたのは、ドラムはいじれても、エフェクターのパラメーターはPCからいじれないんですね。パッチの管理に関しては、1万円未満のZOOMに負けてます。まぁ、これはエフェクターじゃなくて、MTRなんでそれは筋違いなんでしょうけれど、これができるとできないでは雲泥の差なのてどうにかしてもらえれると嬉しいんですが。
 更に、いじれるだけでなくて、曲の進行に合わせてプリセットをPCから与えてリアルタイムにエフェクトを変更するってのができたら最高なんですが、是非アプリケーションとして提供してほしいです。
posted by Jitoh at 06:45 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
CAPTCHA

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157457782
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。