"HELP THE HENOKO AND DUGONG"
Please stop the government! Our dugong are crying !! And we are crying!!!
US government and Japanese government has a plan of the construction of the HUGE MILITURY BASE at Okinawa now. Please stop them! That plan will destroy not only the living environment of dugong, but also OUR LIVING ENVIRONMENT in Okinawa.
Will you kill us, and our dugong? Please appeal to the public and your government to stop that plan. Please help us!!!!

2011年03月18日

Large Tokyo power failure

The large Tokyo power failure is a man-made disaster.

 地震や津波の被害よりも、原発事故による放射能汚染と被ばく事故の現実がより大きな問題になってきました。そして、渦中の福島原発と周辺の火力発電所が使えなくなったことにより、東京を中心に大停電の懸念、そして計画停電。
 実は、もともと電力需給の問題はこんなにひどかったわけではありません。政策によって、これまでの火力発電所や水力発電所を廃止して、危険な原発に依存するようになったからです。しかも、それは事故が起こることが前提で、東京から遠く離れた地方に押し付けられています。しかし、その被害は今回関東も襲っているという皮肉な結果になりました。

 各国で日本に滞在する外国人に対して東京以北から脱出するように勧告が出され、日本脱出パニックになっています。少なくとも多くが拠点を東京から大阪に移す判断をしています。客先でも東京本社の社員が、沖縄officeに移動することで被災を免れる対処をしています。
 悲惨なのは災害発生現場です。そしてその住民だけでなく、救出活動をしている自衛官や米軍が被爆し、下請けの原発作業員に至っては被爆による死者が発生しているそうです。

 まず、そもそもこうなってしまった理由は、原発ビジネスで富を作り政府に癒着している企業団体の存在があります。そしてそれを日本の政策として取り込んできた官僚と自民党や民主党を中心とした政治家、原発が必要だと扇動してきたアナリストや、賛成派の人の責任であり、人災です。しかし、彼らを今責めてももう手遅れです。

 今できることは、東京以北から西に住まいを移動することと、その支援です。体内に取り込みさえしなければですが、長期間その場にいることが危険なので、慌てなくても大丈夫。ぜひ西、南への移住を検討してください。大阪府、福岡県や沖縄でも受け入れ体制が整備されつつありますので問い合わせください。

 今回、原発の仕組みが公開されましたが、急な停止が起こると、炉心や燃料プールを冷却できなくなって、事故が発生するという、恐ろしく脆弱なシステムだということが露見したことが重要です。
 次にすべきことは、まず最も危険な浜岡原発を停止すること。すべての原発の新規開発をやめること、稼働中の原発を廃止して、これまで廃止してしまった火力発電所や水力発電所を復活させることです。
posted by Jitoh at 07:20 | 沖縄 ☁ | Comment(2) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとか隣県の浜岡原発を止めたいです。
こちらの放射能測定値は異常ありませんが、
一般の測定器では測れない放射性物質が
放出されているとの見解もあり、不安はぬぐえません。
Posted by 夏茜 at 2011年03月19日 12:13
夏茜さん、ご無沙汰しています。

 私も地元が浜岡原発の射程内ですので、全く他人事ではありません。多数の友人や両親がそこを離れられず住んでいるのですから。
 ご活動されていること拝見しておりますが、とてもありがたいです。私もできることはご協力させてください。
 伊勢市市長も浜岡原発停止を要請しているようですし、可能に思えてきました。頑張りましょう!
Posted by Jitoh at 2011年03月19日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
CAPTCHA

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

"破局は避けられるか――福島原発事故の真相"
Excerpt: ジャーナリスト広瀬隆さんの記事が見つかりましたので、ここに記録しておきます。 破局は避けられるか――福島原発事故の真相ジャーナリスト 広瀬隆 1234 2011年3月11日、東北地方三陸沖地震が..
Weblog: Dendrodium
Tracked: 2011-03-21 10:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。