"HELP THE HENOKO AND DUGONG"
Please stop the government! Our dugong are crying !! And we are crying!!!
US government and Japanese government has a plan of the construction of the HUGE MILITURY BASE at Okinawa now. Please stop them! That plan will destroy not only the living environment of dugong, but also OUR LIVING ENVIRONMENT in Okinawa.
Will you kill us, and our dugong? Please appeal to the public and your government to stop that plan. Please help us!!!!

2011年04月17日

Chain of earthquake

The evidence:

 自分では以前調べたことを資料化したことは無かったんですが、まとめて下さっている方がいらっしゃいました。全文引用させて頂きます。

琉球新報 7級の誘発地震、3年後も 東大助教が警告
 茨城県で16日、震度5強を記録するなど、東日本大震災は発生から1カ月がたっても大規模な余震や、誘発の可能性がある地震が東日本一帯で多発。研究者は、過去のマグニチュード(M)8級巨大地震では、誘発されたとみられるM7級の地震が本震から遠く離れた場所で3年以上後でも起きていると警告する。
 東大地震研究所の大木聖子助教などによると、東日本大震災と震源域が近く、同様に津波被害をもたらした1896年の明治三陸地震(M8・2)では、約2カ月半後に岩手、秋田県境付近で「陸羽地震」(M7・2)が発生。明治三陸地震の犠牲者は約2万人で、陸羽地震は約210人。
 東海・東南海地震が連動したとされる1854年の「安政東海地震」(M8・4)では、約10カ月半後に遠州灘でM7・0〜7・5の最大余震。その4日後に発生した“首都直下型”の「安政江戸地震」(M7・0〜7・1)は誘発地震の可能性があり、7千人以上が犠牲になったとみられる。
 さらに東海地震の3年余り後に死者340人余の「飛越地震」(M7・0〜7・1)が富山、岐阜県境で起きた。
 1944年の東南海地震(M7・9)では、誘発されたとみられる「三河地震」(M6・8)が37日後に愛知県蒲郡市付近を震源に発生、本震の1223人を超える2306人の死者が出た。
 大木助教は、東日本大震災の余震や誘発地震も阪神大震災(M7・3)に匹敵するM6〜7級が頻発していると指摘。「いつ、どこで大きな余震や誘発地震が起きるかは現在の技術では分からない。『もう安心』と思い込まずに用心してほしい」としている。(共同通信)
posted by Jitoh at 06:44 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
CAPTCHA

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196215867
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。