"HELP THE HENOKO AND DUGONG"
Please stop the government! Our dugong are crying !! And we are crying!!!
US government and Japanese government has a plan of the construction of the HUGE MILITURY BASE at Okinawa now. Please stop them! That plan will destroy not only the living environment of dugong, but also OUR LIVING ENVIRONMENT in Okinawa.
Will you kill us, and our dugong? Please appeal to the public and your government to stop that plan. Please help us!!!!

2007年05月07日

島を買おう!

 身近の友人が何人かが土地を所有し始めていてすごいなぁと思っていたんですが、それが、次は島ですって :)

 どんなビジネスモデルなのか、どんなプランなのかと伺うと、secret だからと教えてくれません lol

 このブームの背景には、不動産売買や為替で莫大な利益を出している一部の方々以外に、最近になって純粋な物品販売のみで、年間数千万の利益を出している例が出始めているということもありそうです。

 実は土地や島を所有するまでは、比較的簡単に始められます。購入に20〜30万円(実際には購入場所、環境によって時価)、月々3万円越え程度で島を所有できちゃうんです。
 これは事業を開始し維持する費用としては、激安ですし、個人で負担できない額でもありません。

 でも買った島の開発ってとても大変です。建物を建てる作業、も全部手作業ですもんね、これがものすごく大変です。また、定期的な保守もして変えていかないと、regularな顧客維持はできません。このためコストも考えておく必要があります。
 しかし、SLは人件費がめっちゃ安いので、正規雇用の従業員を抱えたとしても、それほど重くないという事情もあります。(沖縄みたいだ...)

 なので、最悪は単なる趣味で終わってもいいし、それでもし食べていければ最高! というぐらいの意気込みでも着手できちゃうんですね〜。

 しかしです、それなりに資本金は必要で、それが用意できなければ参入できませんね。そして、本当に利益を出したいと考えるなら、なによりもどのように集客して儲けを出せるようにしていくか、というプランが一番問題です。これができる方はそんなに多くないんです。

 しかし、SLって、夢を現実に展開する市場でもあるわけですね〜。
posted by Jitoh at 18:25 | 沖縄 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

タイ語入門

 Thai の方からちょっとタイ語を習ったので書いておきます〜。

hello = sa waddee
I love you = pom rak khun (use by male)
I love you = charn rak khun (use by female)
I miss you = pom kid teung khun (use by male)
Thank you = khob khun

pom = I (use by male)
charn = I (use by female)
khun = you
rak = love

 まぁ他には'タイ語'で検索すると必要な情報が大体わかることに気付きましたlol

タイ語にチャレンジ!
posted by Jitoh at 13:55 | 沖縄 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

SL Exchange

 備忘です。

 SL Exchange の存在は知っていたんですが、お金を払って何かするという意識が希薄で、調べてみること怠ってました...

・SL Exchange Marketplace
posted by Jitoh at 06:37 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

SLの良さと怖さ

 Japan Resort を運営されている Ish さんとお話をしていて改めて思ったんですが、Second Life の利点と、怖さについて書きます。

 なんといってもSLは、

・時と場所を超えた、世界中の人のコミュニケーションHUBであり、重要なインフラになり得る。
・リアルよりも誠実に接することができる。
・リアルの友人を超えた友達を作ることができる。

 チャットや掲示板、などは古くからあったわけですし、近年ではSNSが流行ったりもしていますが、ここまでのインフラとしての機能はありませんでした。また MMORPG も既にあったわけですが、あれはあくまでゲームであって、一般の人が参加できるインフラではなかったのです。その意味で、SL は、ミュニケーション手段として、これまで存在しなかった、非常に画期的なものなのです。

 引きこもりの方、対人恐怖症の方、実生活でハンディキャップを抱えている方、高齢者、などでも若い方、健常者の方と同じように知り合い、悩みを打ち明けたり相談に乗ってもらえる環境がここにはあります。そういう方々にこそ、ぜひ積極的に利用して頂けたらと思います。

 一方で注意しなければならないことがあります。それはいくつかの禁止事項を守らなければならないこと。詐欺を行う人、攻撃者、性風俗に注意すること。それとメンタリティです。
 何かお困りのことがあったら、直接私にでも IM で相談して頂けたらと思います。

 因みに、多くの外国人男性は、話をすれば二言目には sex に勧誘されますが、多くの女性がこれによって非常に不愉快な経験をされています。悪質な場合は、ARしたり、排除を依頼することになりますが、きりがありませんので、できれは受け流せるように心の準備をされていた方がいいかもしれません。
 また、私もそうなんですが、日本の男性は性風俗に対する免疫がとても少ないと思います。女性に誘われていい気になってへらへらついて行って、大金を請求されたりすることがないように気を付けてください lol

 SLのavatarは、生身の人間の投射であり、aliasです。そこで出会う方は、共通言語として大概の場合英語を用いていますが、文化も違えば、住んでいる場所も地域も当然さまざまで、それぞれの抱えている問題も多種多様なわけですね。

 そこでメンタル面の話ですが、これが結構厄介なのです。実際私が経験したことをお話しします。

 出会う方の中には、精神的にナイーブな方がいらっしゃいます。自虐が過ぎるのではないかと思えるくらい、自分を小さく言う方に出会いました。あまりに悲観的で、このまま放置したら、自殺するんじゃないかというくらいに、心配しました。しかし、私は別に用があって、その方と話をする時間がどうしても作れませんでした。
 あとで連絡するからと別れたのですが、その方は即座に out されてしまいました...

 私は後で非常に自問自答し、自分を責めることになりました。どうしてその方のために私は時間を作れなかったのか...

 その方が、どの国に住んでいるのかわかりませんが、元気に再び in してくれるのを祈っています。
posted by Jitoh at 19:21 | 沖縄 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

1.15.0.2リリース

 今回のメンテナンスに合わせて、新しい viewer 1.15.0.2 がリリースされました。

・Second Life Community: Downloads

 さっそく入れて使っていますが、特段の変化は感じません :)
posted by Jitoh at 07:42 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

ビデオカードが命

 私の所有する PC で Second Life Viewer の動作が可能なのは 3台。内一台は、もともと動作しないものを無理やり動かしているもので、何かするとすぐにご臨終なので、ログイン確認ぐらいしかできないものです。

 そして先日からの Linden の障害で、快適に動いていた一台の PC が hardware ban 扱いにされてしまって、もはや動かせるのが一台という状況になっていました。しかし、その PC は、2000年秋の製品で、これも安定しているというものでもなかったのです。

 以下、Second Life Wiki JP に投稿した内容ですが、こちらにも引用しておきます。

-- refer begin --

 昨日、特定のregion(sim)にいくと、自動的に Viewer がcrashしちゃうというのに遭遇しました。それで、relogすると同じ場所なので、数秒もたたないうちに crash を繰り返すという地獄にはまりました。
 もう私はここで SL の人生終わりかと半分覚悟を決めたんですが、一緒にいた人の機転で relog 直後に別の region に tp してもらって、九死に一生を得ました ;)

 やはり、32MBしか乗ってない、GeForce 2 では普通に運用するのも苦しいです...
 で、さっきですが、もう人柱承知でビデオカード買いに行きました。って、sillyっていわれちゃいそうですが lol

 購入したのはエルザの GeForce 7600 GS で、AGPx8 用です。製品に添付のドライバをWindows XPに食わせました。
 こちらの mother は AGPx4 なのですが、x8 のビデオカードでも電圧同じなので大丈夫です。x2 とそれ以前は電圧が違うので使えないようですので、選ばれる際はご注意ください。

 さて、効果のほうですが、ぐるぐる回しても、どんなに動き回っても、まったく落ちなくなりました! また、足湯とか長屋って重くって身動きがほとんどできなかったんですが、快適とはいえないまでも、ほかの場所と区別なく動けるようになったし、「follow me」って言われてついていくのに死に物狂いだったんですが、それもだいぶ楽になりました。
 また、レンダリング時のノイズも出なくなったし、発色もずいぶんきれいになった感じがします。

 あ、メモリについてですが、多いほうが安定するのは確かの様ですが、SL Viewer だけしか起動しないようにするなら、問題なく 256 でもplay できるそうです。結構私の友人も256でやってます。

-- refer end --

 因みに、本日になって、hardware ban にされていた PC からもログインできるようになっていました〜。今後なにかあったら Chiyo Linden さんに報告です :)
posted by Jitoh at 10:41 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

砂肝ジャーキー

 SLで事業主の方とずっとビジネスの話をしていたんですが、その中で、沖縄県産品が好物だというお話がでてました lol

 それで、こういった沖縄県産品を軽トラにつんで、内地の団地とか回ったら、かなり売れそうだという話を伺いました。うーん、面白そうです。
 でもでもでも、私は沖縄から出たくないんですよ〜!!(爆

 因みに沖縄県産品を売る「わしたショップ」は県庁所在地を中心に何店舗か全国展開していますが、実はちょっとお高い。それで、netで同じ商品を安く売っているところを探して買っていると仰っていたのです。それがこちらのsiteで、この商品!

・珍味とおつまみのスナハラ商店 砂肝ジャーキー

 確かに、沖縄県内で展開している net shop よりもお安い! でもどうやって、島根県松江市の業者様が沖縄県産品を、沖縄県の業者よりも安く提供できているのか、大いに知りたいですね!

 って、私、こっちにいながら砂肝ジャーキー、食べたことなかったです! 早速近所でいくらで売られているのか、調べてまいりま〜す:)
posted by Jitoh at 07:37 | 沖縄 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

そろそろ

 決めてしまいます。

 この期間、職安にいったり、数多から就職情報を入手して応募する以外は、私はほとんどの時間を自宅で過ごし、いくつかのWebアプリに手を入れたり、ストリーミングサーバを立ち上げたりした以外は、実はかなりの時間、遊んでいました :)

 ちょっと落ち込んだりもしたんですが、実は結構楽しんでたりなんかして lol
 それで、久しぶりのこの"休日"をギターやピアノを弾いたり、曲を作ったりすることに費やし、遊びで一部を SL に UL して、ギター侍じゃ〜とかいってストリートやビーチで騒音出してたりとか lol

 しかし楽しい時間はそんなに続かないです。貧乏でお金ないんだもんね〜。って考えたら SL でも殆どの時間を camping に費やし、求人情報を漁っていただけだっりして、貧乏性が抜けんのでふ〜 lol

・kome Ohのブログ SLハローワーク
posted by Jitoh at 07:10 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なめちゃいけない英語

 英語の文章を読むのには、だいぶ苦労しなくなってきていると思っていた私も、もう全く分からない、早すぎてついていけない、ということを経験しました。

 これ、USの方のスラングでした。まぁ、危険すぎますので、自分で使うのは控えるべきですが、読めないのは問題だなぁやっぱり。

 因みに、先日書店で立ち読みしたものですが、これとってもおもしろかったです。機会があったら手に取ってごらんになることをお勧めします。

・Amazon ヒップホップスラング―セックスからインターネットまで

 しかし電子媒体辞書がほしいと思うこのごろですが、どっかにいいのないかしら? ぱっと調べた限りではオンラインでは以下なんかを散見しますが、辞書登録したい lol

TAKの特製スラング辞典

 関係ないけど、これもおもしろかったです。って、私自身の備忘のために挙げとくんだったりしてね〜

・逆襲のねこさま 英語ねこことば
posted by Jitoh at 06:41 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

SLの障害

 私が現状確認している問題について列記させて頂きます。

・他人の Avatar が違うもの(別性別とか)に見える
・in しているのにも関わらず、ステータスが logout
・out なのに、ステータスが in
・IM や chat で投げたメッセージが lost する... なんでやねん!
・サーバから切断される... OMG
・サーバから切断されたとき、viewer上ではそれに気がつかなくて、動けないとかで初めて気がつく!

 いつもこうなるわけではなくて、サーバ負荷またはネットワーク負荷が大きい時におこるようです。できるだけ軽く動くように実装するために、ここら辺がトレードオフになっているものと想像します。

 しかし、IM や chat メッセージの lost は非常に困りますね。これで人間関係壊れたらどうするの〜です :)

 IM 投げたのに返答がないとか、chat で返答がないとか経験されている方、気にしないで。lostしている可能性があります。
 時間おいてもう一度 IM なり chat なりしてみてください。きっと大丈夫!

 って、それでもお返事いただけなかったりしたら、落ち込むかもなぁ〜(爆
posted by Jitoh at 20:29 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

Japanese

 SL にて、いくつか嫌な事件を経験しています。

 まず、SLでの禁止事項と対策について、Second life Wiki にてまとめて下さっているのでこちらをご参照ください。

・Second Life Wiki トラブル対処法

 流石に本人も Ban されるのは怖いのか、銃器を使った攻撃を受けたりすることは少ないのですが、多いのは、執拗な体当たり = push 攻撃です。

 街頭で立ち話をしているところに、高速で移動できる乗り物に乗って push を繰り返す。あるいはサンドボックスで、もの造りされている方を見学しているところで、背後からいきなり執拗に push され、作業されている方にも迷惑をかける、という具合です。

 共通しているのは、無言のままそれを始められること、また、そうすることの理由がまったく不明なことです。

 そして、これまで私の出会った Griefer は、日本語を母国語とする方であり、すべて日本人居住区の出来事なのです。他では経験がなかったのですが...

 さすがの私でも、日本人居住区に tp することと、日本語を母国語とする方に近づくことに、恐怖心を覚えてしまいました。

 とはいえ、ここで出会った素敵な日本人の方も沢山いらっしゃって、皆さんにとってもお世話になってます。特に、古参の参加者の方は、皆さんあまりに優しくして頂いて、恐縮の至りだったりします。

 ですので、これがすべてという指摘ではないのですが、日本人のステレオタイプなんじゃないかという危惧を感じました。端的に言って、人とのコミュニケーションスキルが、日本人は際立って低いのではないかと思えるのです。
 これは私自身にも言えて、反省すること頻りです(__)
続きを読む
posted by Jitoh at 07:19 | 沖縄 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ダンスコンテスト

 教えていただいたダンスコンテストに参加してきました。

 って、いきなり他人さまの blog 記事を引用させていただきます。いえ、よく説明してくださっているので lol

・GO! SweetHouse! セカンドライフごった煮 ayanaTV

 どうやら毎週土日に懸賞付きのダンスコンテストを開催されているようです。

 昨日私も参加しまして、アイドルでロッカーの岡田彩菜さん、店長 hiroyuki さんと少しお話させていただきました。営業的にはこれは、宣伝広告費で賄われているようです。

 まぁ、現状日本ではコアなユーザしか SL に参加されていないので、その効果も限定的なんじゃないかという見方も確かにありますが、それも日本語正式版がリリースされた暁には怒涛のように押し寄せるとみて、先行投資?
 いえいえ、今や話題性たっぷりですから、こういうことを SL でやっているというと、各メディアが取り上げてくれますし、こうやって私のように個人の blog で取り上げてくれる人も視野に入れているようです。

 非常に安上がりなうえに、その宣伝効果はかなり期待できますね。よく考えられています。

 それで、何やら私もスタッフにしていただいちゃいました lollol
posted by Jitoh at 06:17 | 沖縄 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

問題

 困ったことが発生しました...

 SL で小金を稼ごうと、勉強もせず camp なんかにうつつを抜かしたりしているわけですが、帯域を使いきってくれます。
 一番困るのは、この状態では電話の通話品質に致命的な影響がある事です。途切れて何言っているか分からないのです。

 それまでの ADSL 12M の契約から Reach DSL に変更したのは1月。おかげで安定した接続ができるようにはなったのですが、DL 速度も 60kbps 程度。

 しかし、別アカウントでの同時接続とか、自宅サーバでストリーミングもやりたいとか、思ってます。ですので、帯域の確保が必然になってきているのです。

 こんなところに穴があったとは、弱りました。電話回線の減衰が大きいのと、どうも周辺にISDNがあって干渉するようで、ここでは ADSL は無理なんです。まぁ、情報によると 50M の契約を試してみると、速度は上がらなくても切れなくなるかもしれない、なんていう話も伺うのですが、確実を期すなら、光しか現状選択肢がないのです。しかし、滅茶高すぎて、そんな負担できない...
 早く、FTTR をリリースしてください、孫さん!

 現状ではやはり、camping で長時間接続なんて非生産的なことしてないで、性転換したうえで pub でバイトした方がいいのかも(違

 やはり、ものづくりして売った方がきっといいんですよね。怠けていて Kotaro さんに怒られそう lol
posted by Jitoh at 16:09 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

日本人は怖い?

 SLで、私は馴染めないと思うことがありました。

 私は MMORPG の経験がほとんどありません。オンラインゲームってほとんど興味がないんです。
 ただ一度、まだ無料だったころに、そのグラフィックの美しさから一度、ファンタシースター・オンラインを友人に誘われてやったことがありますが、あまりやらず、有料になったところできっぱりやめていました。

 サバイバルゲームもそうですが、RPG では相手を殺傷することでポイントを稼ぐことが日常的にあったりします。一つの趣向としていずれも理解できます。
 特に銃器のその能力と機能美には、理性とは無関係に魅了されるものがあるのも知っています。しかし、私は free でそれがそこにあっても手に取ることができません。

 「これはゲームであって、実際に自分や相手の人格とは無関係。ゲームの中ならなんでもありでいいじゃないか。現実社会ではできないからここで発散してるだけで、リアルでこんなことする訳ないじゃんか」

 仰るとおりです。しかし、私は日常の行動とそのゲーム内での行動を明確に区別できません。精神的な歯止めって、本当にかけることが可能なのでしょうか。
 私は、ゲームでそれに慣れていたら、相手が生身であることを忘れて、実社会でもきっと反射的に手が動いてしまいまうのではないかと感じて、やはりムリなのです。

 私たちは、日頃 news で流される殺人事件を知っています。私も、沖縄戦では20万人以上の方が亡くなりましたが、その屍の上で私は生きているということや、アフガニスタンやイラクでの殺戮と惨状と、それを行っている人たちと一緒に暮らしていること。

 私には、特にこれらがオーバーラップしてきてしまうのです。

 昨日の事です。のんびりとしようかと Ashiyu に行ってみたんですが、しばらくしたらそこで血飛沫が飛び、爆弾がさく裂する事態になりました。

 まぁ、avatar は死なないし怪我しないので無視すればいいし、嫌ならそこから離れればいいことだけです。それで引き揚げようかという時でした。
 偶々その時ドイツからここに来ていた女性が、はっきりとそのことに不快感を表されたのです。私は即座に同意しました。
 しかし、それに同意したのは私だけだったのです...

 しばらくしてそういったゲームをここでされていた方たちは撤退されていきましたが、かなり違和感が残りました。

 ひょっとして、日本人って欧米人よりも野蛮なのでしょうか?

 Ashiyu は好きな場所なので、できたら、銃器の使用を規制してくれることを望みます。

 因みに、銃器の使用以外に私を遠ざけようと思ったら、たばこを吸ってくだされば OK です。二度と近付きませんから :)
posted by Jitoh at 08:30 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

リモートデスクトップ

 私の GeForce2 GTS の PentiumIII/1GHz, 512RAM 機では、激しい動きをさせたりすると落ちます。たとえば左右カーソルキーを押しっぱなしにすると、10秒ぐらいで落ちます。

 これ以外に、最近開発サーバとして購入したハードがあるのですが、SLは実はインストールが必要なく、ファイルコピーだけでも動くという気軽さから試してみると、かなり快適に動作します。めちゃくちゃ不安定な SL が、この環境では、殆ど落ちません。
 でも、置いてある場所が TV の隣で、TVをモニターとして使っているて、キーボードやマウスが遠く、常用するのは難があります。

 そこで私がやっているのは、以下のように、リモートデスクトップ経由で接続するという方法です。

2007040401.png

 ただし、リモートデスクトップ下の仮想ディスプレイは、当然ながら Second Life viewer からはサポートされず、このままでは起動できません。
 ですので、最初にコンソール上で起動させてしまってから、外部からリモートデスクトップで接続して、ログオンするということをしております。もっといい方法あるかもしれませんが...

 しかし、ハードな動きをさせる場合追随してくれないので、そういう使い方は向きませんが、ゆっくり散策してチャット中心なら、充分これで使えます。
posted by Jitoh at 22:29 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相手のRLの所在

 個人情報の秘匿、匿名性の問題にも絡みますが、一般に掲示板などへの書き込みは、サーバのログを見れば、書き込み主を特定することがある程度は可能です。

 さて、一方で SL の場合ですが、これはアクセス情報がサーバに集約されていますので、トラブルがあった場合、もちろん Linden に問い合わせれば、情報を引き出すことは技術的には可能なわけです。

 でも、よっぽどのことがない限り Linden に照会はできないですよね。でも、どうも胡散臭い、詐欺の臭いがする、言っていることが嘘じゃないかどうか心配で、確認したいと思う時はありますね。はい、方法がないわけじゃないです。

 ご相談ください。ただし、こんな探偵ごっこしなくても、その前に、正直に話して、本音で聞いてみることができたら、それに越したことありませんね。

 私、臨床心理士の資格は持っていませんが、コーチングの理論や交渉術についてはそれなりにスキルがあります。こちらの面でもお役立てできるかもなので、お困りの方はご用命ください。

 それと、SL内で探偵されている方も存じ上げてますので、一応ご紹介できます :)
posted by Jitoh at 20:23 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

お世話になっている方

 昨日 Natsu さんから教えてもらった英語。yucks. 他には、poo-pooとか wee-wee とか...

 あはは、こんなことしていていいのか私 lol
posted by Jitoh at 06:38 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

1.14.0 Viewer

 先ごろリリースされた Second Live Viewer 1.14.0 を使い始めました。

 って、それに合わせて PC も OSも変更してクリーンインストールから始めたので、時間がかかっています。まだ、Office も入れていないし、翻訳ソフトも入れてませんが、とりあえずどんな状況かというと、20〜30分ごとに、カーソルキーにるよる移動を行っただけで、C++のランタイムエラーで落ちます, Oh my god!
 Linden の blog のレポートを見てみるとどうやら1GB程度メモリーがあれば安定するらしいけど、もうMaxなんですよね...

 ちなみに環境はこんな感じ。6年前の古いマシンなので、利用できるのは奇跡的といえますが、当時としてはまあまあのハイスペック機だったからですね。

OS: Windows XP SP2
CPU: Pentium III/1GHz
Video: GeForce 2 GTS(32MB)
Memory: 512MB

 今日仕事から帰宅したら、以前の版を試してみます... って、今夜は客先で送別会していただけるみたいなので、実施は明日になるかも。

 それより、チャットも勤怠管理もASP.NET2.0 + AJAXで書き直したい気分まんまんなんですよね。って、そんなことしてないで真面目に就職活動しなくてはいけないんですが私(爆
続きを読む
posted by Jitoh at 06:48 | 沖縄 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

仮想経済の可能性

・ITmedia バーチャルマネーが広がる 実体経済にも影響?

 『また、金融市場では、「当局が捕捉できない仮想空間で生まれた通貨が、実体経済へと大量に流れ込めば、通貨供給量や金融政策にまで影響が及ぶ可能性がないとはいえない」(金融当局関係者)との懸念が、半分真顔で語られている。』

 上記はマイナス面が強調されているわけですが、実社会の経済を凌駕する規模に成長する可能性もあるという指摘として、非常に興味深いものですね。

 私がそれに気づいたのは1月。MagSL の創業者の方などの先見の明について、感服しているところです。
posted by Jitoh at 22:38 | 沖縄 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英文法

 英会話学習の目的で SL って、実はあんまりだなって最近。これは相手が良い方過ぎて、こちらが適当でも「あ、それはこういいたいの?」って直してくださって、そのうち先方が私の poor English を読み取って、勝手に解釈してくださるようになって、コミュニケーションにそれほど苦労しなくなってしまうという(爆

 と、いうわけで、勉強真剣にし直さなきゃというモチベーションが湧いてまいりました。それで、いきなり解釈から入ってもいいんでしょうけれど、glamour からやり直すのが、結局一番はやいはずだと気づいて、探しましたところ、よい site を作ってくださっている方がいらっしゃいました!

・英文法大全 英文法大全

 ちなみに私、修辞疑問と、祈願文をまったく知らなかったことをこちらで理解しました(涙 受けたことないけど、たぶん私って TOIEC 300ぐらいかもしれません(爆
posted by Jitoh at 19:36 | 沖縄 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。